①年代
⇒20代女性

②病名・障害名(または症状や困ったこと)
広汎性発達障害、不安障害

③これからの仕事について(オープンかクローズか、フルタイムかどうか)
⇒オープン 事務職 10:00~16:00

④アンカー在籍期間
⇒1年4か月

⑤参加してよかったカリキュラム
⇒概ねすべての物に参加しました。スタート時に行った認知行動療法が印象的だった。
自分が考えていることを紙に書く、自分ではなく自分が好きな人をイメージして書くことで
自分自身を責めたてる気持ちから少し離れることができたように思えます。
カリキュラムだけではなく、終了後メンバーやスタッフと話をしたりしながら
気分のコントロールや生活リズムを整えるコツが身についてきたのかもしれません。


⑥アンカーを利用してよかった点
⇒自分一人ではどうしようもなかったことに活路を見いだせた。
障害や同じようなことで悩んでいる人たちがいると知って心強かった
人とのかかわり方や就労のために必要なことを学べてよかった


⑦就労までに苦労したこと (今も取り組んでいること)
自分の事についての理解を深めて言葉にしたリ対策を取ったりすること
面接対策や緊張で体調を崩してそこからどうしていくか。生活リズムの安定
実習などでプレッシャーの中、自分のできる事をやって、その評価を受け取って落とし込むこと。


⑧これから利用をされる方のメッセージ
ご自身の病気や困りごとで必死になりながら、来ている方もいらっしゃるかもしれません。
アンカーには、その悩みを聞いてどうする開所に考えてくれるスタッフさんも同じように悩みながら通っている仲間もいます。少しでも心が腫れて無地に卒業できることを祈っています。