アンカー神戸三宮ブログ

障がい者就労移行支援施設アンカー神戸三宮のブログです。 授業内容等、活動内容を随時アップさせて頂きます。

カテゴリ: お知らせ

昨日は就労者の集いでした。
直接の参加が4名、オンラインでの参加が8名という形でした

今回は初めて金曜の夜に開催をしたことや
オンラインのskypeとスペースの併用をしてみたのですが
スペースのほうの音が途中で途切れたり、ハウリングするところもあったように
思います。

最近転職してフルタイムで働いたが、賃金形態は安いけど
会社のケータイが支給されていたり、備品なども比較的買ってもいいよ
という感じなので悪くないこと
→今までいろいろと働いてきたが、ハラスメントなどにはすごく厳しい会社
なので前職等の(相手は悪気はないけど)昭和的な熱い上司などのしんどさがない
感じもあり安心感があることや自由度が高い。同じ事務職でも働きやすさが違うなぁと

システムなどの仕事をしていたが、その仕事などを下請けの業者さんなどに伝えていく
チェックなども続いていくことなどもあり、精神的に負荷がかかる。
処遇的には悪くないけど、体調も崩した。仕事の辞め時を迷っている。
→可能であれば、休みの日にしていても苦にならないことなどを仕事にすることなども
有効ではないかと。年間を通して働いていたほうがいいことなどもあるが、退職をしたほうが楽になることそのあとまた頑張って取り組むことはしんどいかもといった意見も挙がる。


同じ事務職での再就職はしんどいかも、少し怖いところもある。
→同じ事務職でも内容が大きく変わったところもある。生きるところもある。
そのあとの体験談的に一人事務員さん(社長のサポート役みたいな)
という職場もあり、それならやれるかもと。

統合失調症などの症状があり、梅雨時が苦手だったけど、
前職で少し目前で人が争うようなところもある職場で4年ほど勤めたので
些細なトラブルや自分本位な人に事は流せるようになった。
体力も浮いたことが前職でのプラス。
→近い職場になったのでクローズだけど問題なく働けている


対人関係など、苦手な人とのかかわり方
仕事と関係ない話(体系のことなどをずーっという、お気に入りの人と自分の対応が違う。自分ルールを押し付ける)など
→お気に入りになるような無理をするくらいであれば、嫌われたほうがプライド的にも楽だったりする。「(太った人に対して)あんた痩せなあかんわ」「(やせた人には)もっと食べたほうがええ」などの仕事以外の話を言ってきたときには流すようにしている。
また自分のが苦手な上司がいれば、同じような感情を持っている別の上司と仲良くなるなどの意見も


仕事の選び方の中で、自分の調子が悪くても取り組めることを仕事にする
体力はいるけど、自分の中でも悪くないなぁと感じていたり、

保育の仕事をしていたが、子供が歯を折ってしまったことがあったので
怖くなって保育の仕事を避けていたが、今回は応募して受かったので
行ってみようかなと思っている

介護の仕事をしようと思っていたが、受からなかったので、清掃の仕事として
取り組んでみたがうまくいかない時もある。相談もしていきながら進めている。

もやもやを置いておきたくないので、いい意味で上司などに
金曜の勤務後に相談して、すっきりとして週末を迎えている



仕事探しでは、
ハローワークで相談していきながらのほうがいい。
エージェントや職業センター、しごとサポートなどいろいろと使わせてもらってよかった
lineバイトなどで決まった
就労移行で探してもらった
などなどオンラインでさっと調べられるものもあれば、昔ながらの話しながらのところも
どちらもよいところもあるかもという印象

2時間があっという間に過ぎた感じでした。
今回も準備や調整などをしてくれたかた
参加をしてくださった皆様、ほんとにありがとうございました
お菓子などもありがとうございました~

IMG_20220625_083625_043



また緩やかに3か月に一度くらいのペースで進めていければと思っています。

Twitterのスペースの録音(少し音声が悪いですがよければ、30日程度で消えます)

https://twitter.com/i/spaces/1ZkKzbmVynaKv






昨年度末に、オンラインの環境の整備のため
助成金を申請していました。

IMG_20220604_131435_544


オンライン等を含めたカリキュラムを進めていく中で
pcが重くなってしまい、zoomなどのソフトを起動していくと
ほかのソフトと合わせて使うことが難しくなったり
ネットが極端に動きが悪いことがあり

アンカー内のpcのHD(ハードディスク)をすべてssdに交換してみました。
起動時に少し不安定になることがあるものの、動作速度は格段に上がり
再起動等の対処をすることで、おおむね問題なく操作で来ているように思います。

社会福祉協議会さんからのアドバイスもいただき
集音機などの機材等も購入できました。

まだまだ調整が必要ですが、参加がしにくい時にオンラインで参加したり
土曜のOBとの交流もスムーズにやり取りができるのかもしれません

こういった取り組みは現メンバーやOBの方たちのアドバイスやサポートのもとに
進んでいます。

助成金の申請では社会福祉協議会の方などにも協力やアドバイスをいただきました

本当にありがとうございます。




気が付くともう6月に入っていますね
皆様、お元気されていますか?

4.6.25 就労者の集い チラシ



・就労しているからこそ、相談できる場面が減った。ほかの人たちがどうしているか知りたい
・就労の準備をやっているけど、どうすれば働けるのかなかなかイメージが付かない
・仕事の応援をしているけど、この方法であっているのかどうかわからない
・就労移行等の卒業生で近況報告的にまた集まりたい

みんなで気軽に話し合いませんか?
気分や体調のこともあるので急な参加やドタキャンもOKです

今回はハイブリッド開催です。オンラインの参加の方は、好きなんタイミングでご参加いただき、途中で抜けることも可能です。直接参加の方は連絡をいただけると助かります

日時 :6月24日(金) 18:00~20:00(今回は金曜の夜の開催になっています)
場所 :KIITO神戸 3F セミナー室+オンライン開催(事前に無料ソフトskypeをダウンロードしていただけると助かります)
参加費:無料
内容 :働くことやその継続などのついてのグループワークなど



※所属や就労の有無は問いません。
申し込み・問い合わせ先:就労者の集い syuurousyanotudoi@gmail.comまで


※感染状況にもよりますが、セミナー室での直接参加+オンラインのハイブリッドにて考えています
直接来所の方は、ご連絡いただけると助かります。(会場や取り組みは急遽変わる可能性があります。変更時はこのブログやHP等でご連絡させてもらいます。現在調整中です)

発達障害の自助グループなどの紹介をさせてもらえればと思っています

いきいきムーンという団体。
大阪などを中心に活動していますが、兵庫県や京都、最近は四国まで
出張開催されている感じです。

開催ペースは概ね月に1回で、「働くこと」「対話」を大切に
なるべくリアルでの開催をされています
発達障害等の当事者だけでなく、支援職や家族などの参加も
あり、色々な意見を話し合い、多様性を認めるというような
取り組みをされているように思っています

座長のしーやんさんは、明るく楽しいロックなおじさん、色々な人の働きやすいところや様々な
能力の凸凹なども認めつつ、どういう働き方が良いのかを発信されているように思います

しーやん Twitter

https://twitter.com/superseeyan

いきいきムーンHP

https://ikiikimoon.com/

参加の申し込みはほとんど こくちーずのサイトからになります。
直近は京都で5/21開催です(よく満席になるので、キャンセル待ちであったりTwitterでDM等を
送ると調整してくれる場合もあります)6/11は特例子会社のことなど予定されているみたいですね。

https://www.kokuchpro.com/event/f9f55172ca930868b843ab7b314bbf6f/



①年代
⇒40代男性


②病名・障害名(または症状や困ったこと)
⇒広汎性発達障害

③これからの仕事について(オープンかクローズか、フルタイムかどうか)
⇒就労継続支援A型 10:00~15:00

④アンカー在籍期間
⇒2年8ヵ月

⑤アンカーを利用して良かった点
様々な背景のある人と接することができたので、その経験を今後に生かすことができると考えています。利用者のことを第一に考えてくださったので全幅の信頼を置くことができました。何が正解なのかわからないので、今後アンカーのことを振り返った時にわかるのかなと思います


⑥就労までに苦労した点

体調がなかなか安定せず、自信を失ってしまったことがあり、苦労しました。(コロナ禍などの期間があり)在籍期間が長引き、カリキュラムが一巡してモチベーションや好奇心を保てなかったこともあり後悔しています。


⑦これから利用する人に向けてのメッセージなど
自分らしく振る舞って過ごして下さい。
また顔を出した時に元気な姿を出せればと思っています

IMG_20220413_085017_692

独特の絵を描いたり、突拍子もない冗談を急に言って集団を和ませてくれるところも
長所だったように思います。「人の役に立つ」ということをしたい事を話しつつ
ボランティアに取り組まれていました。
一方で、カリキュラム等に関係ない話をする人を許せないという
思いなどともうまく向き合いつつ取り組まれていたように思います
次のステージも頑張ってください

↑このページのトップヘ