アンカー神戸三宮ブログ

障がい者就労移行支援施設アンカー神戸三宮のブログです。 授業内容等、活動内容を随時アップさせて頂きます。

カテゴリ:カリキュラム > 企業見学

先日、アンカーに企業の人事の担当者の方がお越しになりました


IMG_20210426_115956_8

いくつかの会社の方がお越しいただいたので、それぞれ違いなども比較になったようです



実際に業務で行っていることや求めている人材についての話しや
特例子会社での取り組みや本社での取り組みについてなど

それぞれの会社が比較的重いの障害がある方でも働ける仕組みや
時々ある仕事以外の交流などの場面なども定期的に実施していること
新型コロナ等の影響もあり、最近はあまり実施できていないことなど

朝の早い仕事であっても、やってみるとうまく行くケースもあること、
そのため普段からの生活習慣が大切であることを話されていました。
⇒実習等を通じて就労に向けて進めていける事


この仕事のためにこの訓練をしておくということはない
採用に当たってはこの人だから〇〇はできる!ということを大切にしているとのこと
⇒SPI等の試験もあるがそれを重視していない事、本人のできるところを見てから配属を決めていきたいことなどを話されていました。



今後の就職や病状等の安定に向けて、色々と話し合いができたように思います。

新型コロナウィルスによる影響もあり
就職活動や働き方も変化している企業さんも
増えたように思います。

・決まった時間に業務ができる
・それなりに集団の中でうまく過ごせる(あいさつ程度は誰とでもできる)
・病状等の自己管理


この辺りは色々な変化があっても変わらないのかもしれませんね

また気になる方はお知らせください






すっかり春になってきましたね。
冬物のコートはあまり着る機会はなくなった方も多くいるのではないでしょうか?

季節の変わり目になるので体調や精神的なところが揺れる方も少なくないので
お気を付けください。

アンカーの方は、先日2つの会社の方が来所していただき
会社の説明会を行ってくれました

一つは、特例子会社の方で人事の担当の方も5年ほど前は
病気や障がいの方の取り組みは全く知らなかったものの
異動をきっかけに自身も成長できたことを話されていました。

取り組みは清掃や修理などの仕事で今後事務や色々なところの拡大が検討されているようです
印象的な事と言えば「清掃がメインで掃除なんて苦手やし嫌やなと思うかもしれないけど、自分が行うことできれいになったり、感謝されたり、自分たちのところにも来てほしいというニーズもやりがいになる」というニュアンスをのことを話されていました。
⇒今後見学や採用を目指した実習などを進めながらと思っています。


二つ目は、ヘルパーなどの派遣を行っているベンチャーの会社
代表の方は元々福祉系の方で、ジョブコーチなどの資格などもお持ちの方で
若くてアイデアマン。今後グループホーム事業を進めていくので
事務職をメインとしたヘルパーなどのサポートスタッフの募集をしたいと。
印象に残ったこととしては「自分の得意と苦手を自分でもふりかえって雇用の時などに伝えると配慮してもらえることがあるが、そのあたりがあいまいだと働く相手もどう接していいのかわからなくなる。病気や障がいだけでなく、育児や介護、自分自身も何かの配慮が必要なところがあり、それをうまく伝えあえるかということが大切」こういったことを話してくれました。
⇒カリキュラム終了後も少し残ってメンバーさんたちの話を聞きできる調整をさせてほしいと話されていました。


新型コロナの影響もあり、求人の状況は新型コロナ前と比べて大きく下がっているのかもしれませんが
少しずつ、一緒に働きたい。こういう仕事だけどやってみませんか?
という声も上がってきているように思います。

会社が働く人を選ぶように、働く人も会社の全体像を見て働く場所とするかを決めてもいいのかもしれません。見学や実習を繰り返すことでミスマッチが防げるように思います。

慣れないところに見学したり実習することは負担になるかもしれませんが
次につながる一歩なのかもしれません。
自分の調子がいい時、やってみたいなぁと思える時にスタートを切ってみてください。

きになるかたはご連絡ください

見学や体験はいつでも受け付けています。




毎日暑い日が続きますが、体調は崩されてないでしょうか?
sri

先日、ある企業の方がアンカーで企業説明会をしていただきました
新型コロナ等の影響もあったので、通所して参加の方、在宅から参加の方に分かれての
参加になっています

求める人物像や実際の業務について。
事務職として、素直であること、人事等の担当であるので秘密保持ができる事
他者からのアドバイスを受けて自分の中でうまくとらえられること

等のお話を伺うことができました。


通所はもちろん、在宅からもやり取りをすることができたので
必要なスキルの確認、給与面などの待遇なども確認させてもらいました
魅力のあふれる事業所であり、担当者の方もフランクな方ばかりでした。

採用に係るまでのプロセスは様々だと思います。
自分に合った方法で就職まで進んでもらえればと思っています。

新型コロナの影響で少し求人が減っていますが

オンラインで担当者と面接したり、実習等に向けて動き出しているところもあります


一緒に取り組んでみたい方は良ければ見学ください。

アンカー神戸三宮 078-381-8884まで

オンライン等でも体験可能ですので、気軽にご連絡ください

早くも3月が終わろうとしていますね
季節の変わり目なので体調などを崩されないようにしてください

昨日は以前からお世話になっている事業所さんに見学に伺いました

P_20200327_142135


社内での郵便物の管理であったり、パンの製造、オリジナルの製品の制作であったり
ということに取り組まれていました。

手先を使う仕事であっても器用さが採用の条件でない事
軽作業が主でも体力もそれほど重要でない事を伺えました。

P_20200327_142643


チームで仕事をするということが大切で、実際に職場の実習などをしていきつつ
採用をしている事、能力や特性によっていい意味での別の選択肢があることなど
を伺えた次第です


実際に働くスタッフにさんに現状を聞いたりすることもできました。


今の情勢のため、多くの人数で職場の見学に行ったりすることは難しいかもしれません
ですが小規模で予防的な準備ができれば応募したりできるところもあるように思います


こういった時期に自分自身のスキルを伸ばしておく、苦手なことに挑戦する
得意な事をさらに伸ばす。そういったことに力を入れてもいいのかもしれません。





めっきり春になってきましたね。
桜も咲き、お花見をされた方も多いのではないでしょうか?

4/13(土)のお昼からアンカーでは就職されたOBの方が来てくれました。
5~6名の少人数による座談会となりました

pencil_sketch_1555126281462


現在、特例子会社で働く方による「就職の本音」という形で少し話をしてもらいました。
進行役も20代の男性にお任せして

自分自身の就職活動や自分のクセについての気づき
対策などもお伺いした所で就職した今の会社での採用から現在について聞くことができました。


・採用の流れ
⇒実習~面接~雇用(人によってはトライアル雇用というお試しの雇用もある)

・今の会社に採用された自分が思う理由
⇒実習の担当者にいいイメージを持ってもらった。

・実習や就職された方を通じて続かない人のパターン
⇒「これだけしかやりません」と業務を限定してしまう方はうちの会社では採用されない。苦手だけれど取り組む姿勢が大切(会社によっては、限定しての取り組みをOKとしている会社もある)
⇒トラブルを起こしてしまうタイプ


その後、質疑応答やこれから実習に向かうメンバーとの交流になった一日でした。


生きた情報を知ることで就職への安心感が高まるのかもしれません。
自分の苦労が誰かのアシストになることは回復への近道かもしれませんね。





↑このページのトップヘ