アンカー神戸三宮ブログ

障がい者就労移行支援施設アンカー神戸三宮のブログです。 授業内容等、活動内容を随時アップさせて頂きます。

カテゴリ: 特性勉強会

本日は就労者の集いでした

 
ヒロサキさん

本日はヒロサキさんという30代の男性にインタビューをしています
(本人の了承を得てアップしています)

 

今までの経歴

高校の時は野球部に所属していていた。ゴリゴリの体育会系で、大学生の時は野球もしていなかった。アニメが好きで家でみていることが多かった。卒業後は割と大きな会社の営業職に就くことになった。その会社を辞めて、アンカーに来た。

発達障害について、芦屋の病院に行っていた。抑うつが強かった。生活リズムが崩れやすくて1年以上調整しているのに中々な落ち着かなかった。発達の簡易検査などをやっていると発達のグレーゾーンと言われた。

今、思い出せば新卒採用の会社でも書類の印鑑漏れやメール処理をしている時に別のメールが届くと届いたものの処理に向かい、また新しいものが来るとそれの処理をして結局、どれも片付かないそんなこともあった。

東京に住んでいる時は思い立ったら2時間後には船に乗って父島に行ったり、子どもの頃も授業中に問題を出され、話題が変わって40分ほどたってから急に手を挙げて発言する⇒みんなポカーンとしているということもあった。

⇒特性が分かってからは、色々気が付いてからは相談できるようになった

病名を告知された時はホッとした。忘れ物が多く、財布もよく無くす。かばんを変えると100%忘れる。グレーゾーンと言われたところもしっくり来た。努力が足りないと言われることが多かったので安心したところがあった。

今でも朝はテンションが低いことも多く、公共交通機関が止まって、今日休みにならないかなと今でも結構思う

 

当時の服薬について

サインバルタメインで、エビリファイも飲んでいた。⇒今は飲んでいない、通院もしばらくしていない

 

最初の会社

新卒で入った会社は仕事がただ多く、終電が当たり前でタクシーや社用車で帰るような毎日だった。雪だるま式に仕事が増えてしまい、なかなか優先順位をつけられなかった。予告なく会社に行けなくなった。

 

病気でそうなのか、努力が足りないのか

⇒ロックマンのタンクのように自分の(気分や体力の)ゲージで捉え方が変わるところもある。自分がやり切ったかどうかにこだわり、白黒思考も今でも結構ある。なりたい自分の為に悩んでいるので、なりたい自分になれればと思っている。ゲージが高いとプラスで考えられ、ゲージが低いと悪く考えてしまうところがあるように思う。

今は入社5年目だけど、入社半年くらいまでは、ほぼ毎日昼休みに彼女とかに「もうやめる」と愚痴っていた。一番しんどい時には世の中「みんな敵や」と思っていたけど、少しずつ味方認定をしていたところもあるように思う

 

職場の人間関係

最初の会社は20名くらいの営業マンがいたが、今は社長とマンツーマンなので「この人とうまくやればいいんだ」と思って気が楽だった。入社の当初は勤務時間よりかなり早い時間で帰らせてもらってありがたいと思っていた。

 

ADHDで受け身の時に眠くなることがあるか?

今の会社は会議がほとんどない。前の会社はほとんど聞いていなかったかもしれない。会議ではないけど、できない事が多くて、自分は忘れ物が多く、お客さんの所に行くときにスリッパで出かけそうになったり、納品の商品を忘れて高速道路に乗ってから気が付くところなんかもあった。最初からやる気なくてできないのはダメだが、やってみてできないのは仕方ないと思えるようになった。うまく行かない時のリカバリーとして、失敗したときは「なぁなぁ」にせず、きっちり謝ることは大切にしている。そうしないと自分がすっきりしない。やる気がないと思われるのが嫌で、分別が付かない人から言われないようにしている。ここまでやったから「大丈夫」ということで線引きをしているところもあるのかも。

 

営業職について

自分の中では目標設定しやすい職種だと思う。SE(システムエンジニア)などはいくらでもやれるので大変だと思う。営業は数字につながることであればやる。そうでなければやらない。分からないことは上司に尋ねて解決できるけど、他の職種は完ぺきな流れがあっても品質保証などの部署では、お客さんが納得しないとダメみたいなところがあるので難しいと思う

 

体調や気分の維持について

⇒クリアできていないと思う。寝れない時はそれでへこむ、休めていないと自分で謎のスケジュールを決めてそれ通りにならないと落ち込むみたいなところもあった。周りに声をかけてもらってしていた、今の職場でも通院や症状も言ったり、営業職なのに営業したくない事なんかも話していた。(全部を話しOKとは思っていないが)全部隠してやっていくのではもたなかった。会社がガソリンをまき散らすように吐き出せる環境があったので良かったと思う

 

遠くに遊びにいくとかの発散が人間関係がよくなっている状態ではなくなるか?

⇒もしかしたら減ったかもしれない。ここから「逃げたい」とかいう衝動は減ったかもしれない。単純に行きたくて仕方ないというところはある。昔は「またあそこに戻らなあかん」と思うことがあったが、今はあまりない。気になりすぎるとやってしまったほうが楽みたいな思考になっている。急に行くことを悪くは思わなくなった。人に迷惑をかけているかどうかは周りに言ってもらっている

 

 

就活での特性などの伝え方

⇒その時の自分が大切にしていたのは、体調の回復が最優先だった。それがかなわない会社では働く気がなかった

最初から全部言ったのではなく、履歴書を見られて、ブランク等のことを聞かれて言うかどうか迷ったけど、その時の人や会社の雰囲気を見て、話すことを決めた。どれが正義かとかはなく、印刷とかには興味は全くなく()。家から近い、給与、営業職(それも前職からやっていたことくらい)

基本は誠実でそれで悩むこともあるが、採用してくれなかったら「もうええわ」と投げやりな感じではなく、嘘ついてまで働きたくない、かといってなんでも言ってもいいとかではなく。白黒思考ではなかったかも。

知り合いの人とかでも(病気や障がいの事を)入ってから伝える人もいたし、障がい者雇用でも伝えにくい会社もある。その時に自分が何を大事にするか、それがかなわない時には受かっても断ろうかと思っていた。自分が味方認定している家族や彼女や仲間のみんなが賛成してくれたら、入社しようとも思っていた。賛成してくれたので行くことを決めた

最低限の覚悟や意欲は、うまく言えたかどうかはわからないけど、思いは伝えられたのかもしれない。お薬の事や生活リズムのことなども不安定だった。結婚や服薬の話なんかもしながら、体力的なことの不安なども含めて話して、できることは一生懸命やるということは話せたかもしれない。

 

 

物事の捉え方

しんどいところを吐き出せるようになってきた。職場でもちょいだしできるようになった。

愚痴などを聞いてくれる人がいる。「いいよ」と言ってくれる人は楽だけど、振り返ってみると、しっかりと怒ってくれた人がありがたかった。自分も苦手だけど、自分もダメな事をきちんと言えるようになりたい。誠実の大事なラインは自分で決めて言えるようになりたい。まわりの評価もあるだろうけど、自分がやり切れるかどうかが大切だと思う

体調から悪かったりするとなりたい自分も最初から諦めたりというところもある。なので吐くことも大切で、今、営業で壁にぶち当たっているところもある

アンカーに来るまではみんなが敵に見えていたところもあった。それぞれの場所で仮面をつけていた。病気になったことも家族も気が付かなかった。八方美人どころではなくどこから見ても相手の求めるいい顔をしていた。

最近嬉しかったのは、新規の営業が苦手な自分が飛び込みで1件取れた。社長や先輩は「(1件なので)へー」という感じだったけど自分の中では全米が震撼したと映画の紹介であるがごとく嬉しかった。これを積み重ねたいと思っている。

頑張ることをあきらめてダラダラやろうと毎日思う。朝は調子が悪くて、昼くらいに少し元気なり、夕方に乗ってきて、「最初からやれよ!」って自分でも思う。「でもいいか」とも思っている。週2くらいで悔しくて泣いている。用事ないけど遠くの出張を入れて、移動中に心の休憩を入れていたりしている

 

 

結婚・恋愛

付き合って5年半(3年半は遠距離)の彼女がアメリカに住んでいる

結婚もしたいと思っている。少しずつ貯金もできるようになった。

子供の問題があるが、彼女は40くらいまで海外でやりたいと話している。自分の中では答えは決まっているが、年内には結論を出したい。一人で出産などの不安も彼女にもある。自分も今行きたいかと思うと、お世話になった会社の人や親の事なんかもある。どっちも取れるようにやってみたいと思っている。あがくだけあがいてみようと思っている。

音声データ(standFMにて聞けます。概ね1時間ずつのデータです)


ヒロサキさんインタビュー①

ヒロサキさんインタビュー②

 

オンライン3名、直接参加7名、合計10名の参加でした

接続ができないとか、日時的に都合が付かなかったという声もあり

また、次回以降調整できればと思っています

 

色々な生きづらさや工夫や努力、葛藤なんかが

話せた集まりでした。話したりないところもあったりして

東遊園地で少し飲みながら話してお開きとなりました

IMG_20230804_212950_963


 

今回の参加してくださった皆さん。問い合わせをしてくれた皆さん

お手伝いをしていただいた皆さん、ありがとうございます

また数か月に一度くらいのペースになりますが、企画できればと思っています

今回の取り組みは初めてで企業の方の研修や当事者の方の学びになればと思って企画しています

コミュニケーション面やルールごとについての話を対談形式で行っています

特性のあるアンカーの相談員(□)とハマさん(○)との対談形式で進めています

standFM(音声データを聞くことができます)

https://stand.fm/episodes/644decd9f7904aac79a55d5f


・ハマさんの経歴など

30代の男性、神戸市在住、発達障害+うつの残り(不安的な症状がある)
仕事は障がい者雇用で2社(現職も含めて)、一般枠で1社勤務歴がある

暗黙のルールについて
□会社の始業時間のイメージが付いていない。初めての会社は9時始まりの会社だったので、10分前のラジオ体操に行くくらいはわかっていたが、同期の友人に言われるまでその会社は、先輩が仕事をしやすい段取りを30分くらい前に出勤してやっておくみたいなところは全くわかってなかった。


○何につけてもわからない、ローカルルールが分からないところもあるので
適切な逸脱量(これぐらいはいいだろう。これ以上はダメだ)がわかりにくいところがある


□相手が困らない程度のいたずらをすることがあったが、小学生の時に同じようなタイプの人がいた。
縦笛ののカバーに名前を紙を入れるところもあったが、何を思ったのかよく見えるところに油性のマジックで汚い字で自分の名前を書かれた。同じようなことを自分をしていた

リコーダー ケース


他者にいたずらすることはなかったが、されたことに対してやり返しすぎてしまう。あくまで小学校くらいの事だったけど、ちょっかいをかけられるとかがあった。
ノートに落書きされたとか膝カックンされたような事でも、普通だったら「やめろや!(笑)」程度で済むような事でも、色々な先生巻き込んで大ごとにしてしまったり、「お前のも書いていいんだな」と言って本当に使えなくするくらいに書き込んだり、プロレスごっこを仕掛けられて(けがとかにはならなかったが)本気で相手が立てなくなったりするようなことがあった。

□自分でこれ以上やったらダメだとかの基準があるのか、工夫をしているところがあるのか?

○色々なことをされてやりかえすことなんかもあったが、「これはやりすぎだ!」とか「これは冗談で言ってくれてるんだ」と言ってくれる人が小中学くらいでいた。小学校の担任のU先生が「わかりやすい言葉」で教えてくれた。「○○先生はそういう意味で言っていない」とかを教えてくれた。

小学校低学年くらいの時は、周りの人が離れていった。不登校にもなった。悩んでいた。気づいてもいなかったけど、アドバイスが欲しいというようなニーズがあったのかもしれない。「そうじゃないぞ」と言ってくれる人を待っていた。原因が分からない病にかかっている時に診断名を付けてくれた感じだったのかもしれない。
メンタルがダメだった時は、「今日は充電日にしよう」とも言ってくれた。今、考えると療育的なところを受けれていたのかもしれない。


□会社で靴下は「白」にしようとミーティングで決まった
→翌日にわざわざ買いに行ったり、履いたりしたりしたが誰も「白」を履いていなかった。見えないところだったので、決めないといけないけど、意図も伝えられていなかった。それほど確認もされることではなかったのかもしれない。

→PHSで外線を使ったことを怒られた。自分が出てない会議で決まっていて、議事録にも乗っていない。直属の上長からも言われていない。別の人は当たり前に使っている。今から考えたら、この人は外線かけていい。この人はダメだ見たいなところがあって、その伝達漏れなのかもしれない。この出来事が遠因になっているところもあるのかも。

○(クローズで働いていた時に)新入社員研修みたいなところがあって、キャリアも現場も寮で研修を受ける。寮の名簿に「入室時間」「退出時間」みたいなことをみんな書く、寮長的な人が名簿や服装時々確認する。自分は1分単位で書く。服装などの規定もあり自分はきちんと守っていたが、某有名大学の出身者が全然時間のルールを守らない。服装も適当になっている。その現状を見て馬鹿らしくなってくる

○守らない相手に怒りが出たのか、自分が緩めるほうに動いたのか?
(ルールごとを自分の中で)緩めるほうに動いた。周りを見て抜けている(ルールを守ってない)ほうが多いなと思った。
自分の中で調査が始まった。「どこまで逸脱していいのかを調べた」
自分近い立場の人に、丁寧に複数に聞いた。
先生(上司)みたいな人に聞くと「いわゆる正解やルール」が返ってくるので。
今なら、そういうローカルルールが分からないこと(配慮を求めているので、正直なところを教えてほしいと)を伝えているので、今はオープンで働いているので、今は調査はしなくても良くなって、上司とかに聞けるようになった
ただ逸脱している人が横にいる場面では上司には聞かないようにしている。上司も答えにくいので。
例えば、カッターシャツを着ているルールの所で、隣の人がTシャツを着ている人がいたら
「隣の人(Tシャツさん)がいない時」に聞くようにしている。どうしてもの時(急ぎなど必要がある時)は小声で聞くようにしている
Tシャツさんを悪くいうためにやっていない。嫌な気分にお互いにならないようにやっている。そういう行動原理をしている

□若いときはわざとやっていたようなところもあった。悪気ない感じでコミュニケーションを取っていて当てつけになっていたことに気が付けていなかった。

○自分が監督者ではない、気にはなるけど、完ぺきではないけど、勝手に風紀委員にならないようにしている。もちろん気にはなっている。ストレスケア的なところは、この部署ではOKなんだな、隣は○○だけど、うちは△△と。
あいまいな上司の場合は
上司の人に「自分はどうしたらいいか(自分でもルールをも守ってない人に言ってもいいか)を聞くようにしている」ネクタイを外すタイミングなども上司に確認したりしていた。なるべく自分がどうするか「Iメッセージを大切にしている」

またこういった企画なども継続できればと思っています
気になる点などがあればお知らせください。





↑このページのトップヘ