アンカー神戸三宮ブログ

障がい者就労移行支援施設アンカー神戸三宮のブログです。 授業内容等、活動内容を随時アップさせて頂きます。

タグ:体験談


当日の音源です(参加の方の了承をいただいています)

https://stand.fm/episodes/66527947dd39c048fc1b025e

〇 高齢者施設で相談員の仕事をして3か月目、病気があることを伝えている
仕事は営業的なところが多く如何に利用さんを集めたりする事やノルマ的なところもある
上司が現場の人にも偉そうでいい仕事をする人が辞めてしまう
その上司はpcで何かやってて定時でさっと上がる。自分たちにはプライベートも削るのが美徳だと言ってくる。少し上の世代の人との付き合い方、やたらマウントを取ってくる人とのかかわり方について

⇒気持ちとしてはやめたい。逃げたいという気持ちもあるが周りの支えもある。このままでいいのかという思いもある
⇒そんな上司は変わらない。不安やストレスでいっぱいになっていると思う。現場の人にも相談をしてその上司の敵を増やして包囲網を作る。しんどい中でうまく続けてく方法で、相手は宇宙人だと思ってやってみる。自分はお金儲けをやりに来ているんだと思って、1時間経ったら「いくら入る」とか考える
⇒相手は変わらない。数年辛抱すれば相手のほうが年齢が上なので辞めてくれる。相手と意見が違いすぎる時「あなたらしい意見ではない」と伝えてみる脳科学者の意見などもあった。何かあったんですか?と聞くと相手に気が付いてもらえるかも。
⇒定年が見えてきているので責任を取るようなことをしたくない。自分の意見を周りが見ている中で伝える。そうすると相手の出世が遅れるとかの状況になるのを嫌がってきて変わってくるかも
⇒我慢してコツコツしていると即効性がないけど、周りの仲間がだんだん増えて、会議とかでも無茶苦茶な上司に同意しない人も増えて状況が緩やかによくなってくる
⇒その上司の上の役割の人に今の状況を手紙に書くみたいな行動をとる。業務分担の再編成をするために、それぞれの仕事をお互いに書きだす。時々自分も当たり散らす人がいる。自分だけきつく言われることもある。
⇒仕方ないので聞き流している。自分は趣味とかで発散している。酷い言い方もするが謝っても来るので聞き流せるとこもある。なるべく関わりをしないようにしていくこと、スルーする。極端な場合は退職も考える
⇒看護師で病棟で勤務していたので、対人関係のストレスはあった。常に患者さんのために頑張るようにするべきことはするというという視点で取り組む。そこをモチベーションにしていた
⇒働いた経験がないのでこのくらいのストレスがかかると持たないと思った。夜眠れないとかの症状が出たら続けられないと思った
⇒風通しのいい職場だったらできるかもと思う。挨拶や雑談の中に入るとかちょっとしたコミュニケーションを大切にできるとわかるかも。自分なら少し我慢して続けるかも。やめると自分も職場を探すのが大変だから、自分が変わって何とかできればと思って




〇 30年くらい同じ会社で勤務している。原子力関連会社で勤務していて
予算を出すなどの事務的な仕事も現場での修理なんかの作業もやっている。
年齢を経てくる中でどんどん仕事は増えてくる。(動いていない原子炉等の兼ね合いで人員削減や予算が付かないとかで業務はあるけど)一緒に働く人は減っていく
もう少し仕事が少なければと思っているが、難しくなってきているので転職をしたい
次の仕事も今までは仕事が向こうからやってくるみたいな感じだったので、どんな仕事をやりたいのかできるのかのイメージがあまり持てないところもある

⇒軸が決まっていない時は、ネットでも業界研究や職種研究ができるといいかも、繰り返すと求人票のイメージを持つ力が付く感じ人材派遣会社さんの中にはハローワークの情報のように表面的なものだけでないものを持っている人もいる。相手も成功報酬制なのでプッシュしてくれるところもあるのではないかと思う
⇒自分自身も考えすぎて、内省しすぎて登録している45歳以上の転職エージェントさんに障害の事も含めて伝えている。考えすぎているので一度就職フェアに行ってみるようにいくように促されることも多い
⇒転職は天国ばかりではないので少し痛みがある
⇒色々試していきながら自分の条件を下げてしまうこともあったが、うつなどの障害で休職をしている中で自分のやることを下げるようなライフスタイルを選択することがなかなか難しかった。でもそれができるようになってものすごく楽になったところもあった
⇒自分の気持ちとしては転職のきっかけは、辞めたい気持ちが強い。公認心理士さんからも退職届を書いてみることを勧められ、自分でも振り返ってみると今の仕事の忙しさがネックであることに気が付けた。転職先が決まってなくてもいいから今の会社を辞めることを言われている



〇 AIとメンタルヘルスを融合した仕事や研究をやってみたいと思うが、メンタルヘルスのアプリを作るところまではいかず、同じような仲間づくりとかってどうやっているのか、東京ではそういったと入り組みをしているB型の事業所があるが、神戸にはないので…
⇒アプリ開発等であれば、パイソンなどを使っていることが多いのでそういった勉強会などもあるので、そういったところに参加してみるコンパス(connpass)というサイトで確認してもいいかも




直接の参加の方9名、オンラインからの参加2名でした。精神科医の先生や看護師さんなどの医療にかかわる方であったり、現職で大変な方、今後の就労の方法を模索する方、色々と話を伺えたように思います。話し切れないところもあった印象もあったので次回以降はグループワーク的なところで進めていくことも検討できればと思っています

参加をしてくださった皆さん、問い合わせをしてくださった皆さん
準備をサポートしてくださった皆さん
本当にありがとうございます。
また次回2~3か月に一度くらいのペースで開催できればと思っています

段々暖かい日が増えてきましたね。
気が付いたら夏になっているのかもしれません

新型コロナの影響も段々とおさまりつつあり、
今までと近い形で就労者の集いも開催できればと思っています
もう少し落ち着けば、お茶を飲みながら、お菓子を食べながらの
集まりを再開できればと思っています


就労者の集い 5.6.10



今回は直接の参加とオンラインソフト「skype」行う予定です。

※会場は三宮駅から南へ徒歩10分のアンカーで行います


・就労しているからこそ、相談できる場面が減った。ほかの人たちがどうしているか知りたい

・就労の準備をやっているけど、どうすれば働けるのかなかなかイメージが付かない

・仕事の応援をしているけど、この方法であっているのかどうかわからない

・就労移行等の卒業生で近況報告的にまた集まりたい


みんなで気軽に話し合いませんか?

気分や体調のこともあるので急な参加やドタキャンもOKです
今回はオンラインなので、好きなんタイミングでご参加いただき
途中で抜けることも可能です。参加者の方のニーズ等、小グループに分けるなど
柔軟に調整していく可能性があります


日時 :6月10日(土) 14:00~16:00
場所 :アンカー神戸三宮(今回はアンカーで行います。土曜の午後、いつものパターンで行う予定です)
      ↓
アンカー神戸三宮 アクセス+オンライン開催


(オンライン参加の方は、無料ソフトskypeをダウンロードしていただけると助かります)
参加費:無料
内容 :働くことやその継続などのついてのグループワークなど

今回のイベントは終了しました。また次回はHPやブログ、SNS等でお伝えします

今回の取り組みは初めてで企業の方の研修や当事者の方の学びになればと思って企画しています

コミュニケーション面やルールごとについての話を対談形式で行っています

特性のあるアンカーの相談員(□)とハマさん(○)との対談形式で進めています

standFM(音声データを聞くことができます)

https://stand.fm/episodes/644decd9f7904aac79a55d5f


・ハマさんの経歴など

30代の男性、神戸市在住、発達障害+うつの残り(不安的な症状がある)
仕事は障がい者雇用で2社(現職も含めて)、一般枠で1社勤務歴がある

暗黙のルールについて
□会社の始業時間のイメージが付いていない。初めての会社は9時始まりの会社だったので、10分前のラジオ体操に行くくらいはわかっていたが、同期の友人に言われるまでその会社は、先輩が仕事をしやすい段取りを30分くらい前に出勤してやっておくみたいなところは全くわかってなかった。


○何につけてもわからない、ローカルルールが分からないところもあるので
適切な逸脱量(これぐらいはいいだろう。これ以上はダメだ)がわかりにくいところがある


□相手が困らない程度のいたずらをすることがあったが、小学生の時に同じようなタイプの人がいた。
縦笛ののカバーに名前を紙を入れるところもあったが、何を思ったのかよく見えるところに油性のマジックで汚い字で自分の名前を書かれた。同じようなことを自分をしていた

リコーダー ケース


他者にいたずらすることはなかったが、されたことに対してやり返しすぎてしまう。あくまで小学校くらいの事だったけど、ちょっかいをかけられるとかがあった。
ノートに落書きされたとか膝カックンされたような事でも、普通だったら「やめろや!(笑)」程度で済むような事でも、色々な先生巻き込んで大ごとにしてしまったり、「お前のも書いていいんだな」と言って本当に使えなくするくらいに書き込んだり、プロレスごっこを仕掛けられて(けがとかにはならなかったが)本気で相手が立てなくなったりするようなことがあった。

□自分でこれ以上やったらダメだとかの基準があるのか、工夫をしているところがあるのか?

○色々なことをされてやりかえすことなんかもあったが、「これはやりすぎだ!」とか「これは冗談で言ってくれてるんだ」と言ってくれる人が小中学くらいでいた。小学校の担任のU先生が「わかりやすい言葉」で教えてくれた。「○○先生はそういう意味で言っていない」とかを教えてくれた。

小学校低学年くらいの時は、周りの人が離れていった。不登校にもなった。悩んでいた。気づいてもいなかったけど、アドバイスが欲しいというようなニーズがあったのかもしれない。「そうじゃないぞ」と言ってくれる人を待っていた。原因が分からない病にかかっている時に診断名を付けてくれた感じだったのかもしれない。
メンタルがダメだった時は、「今日は充電日にしよう」とも言ってくれた。今、考えると療育的なところを受けれていたのかもしれない。


□会社で靴下は「白」にしようとミーティングで決まった
→翌日にわざわざ買いに行ったり、履いたりしたりしたが誰も「白」を履いていなかった。見えないところだったので、決めないといけないけど、意図も伝えられていなかった。それほど確認もされることではなかったのかもしれない。

→PHSで外線を使ったことを怒られた。自分が出てない会議で決まっていて、議事録にも乗っていない。直属の上長からも言われていない。別の人は当たり前に使っている。今から考えたら、この人は外線かけていい。この人はダメだ見たいなところがあって、その伝達漏れなのかもしれない。この出来事が遠因になっているところもあるのかも。

○(クローズで働いていた時に)新入社員研修みたいなところがあって、キャリアも現場も寮で研修を受ける。寮の名簿に「入室時間」「退出時間」みたいなことをみんな書く、寮長的な人が名簿や服装時々確認する。自分は1分単位で書く。服装などの規定もあり自分はきちんと守っていたが、某有名大学の出身者が全然時間のルールを守らない。服装も適当になっている。その現状を見て馬鹿らしくなってくる

○守らない相手に怒りが出たのか、自分が緩めるほうに動いたのか?
(ルールごとを自分の中で)緩めるほうに動いた。周りを見て抜けている(ルールを守ってない)ほうが多いなと思った。
自分の中で調査が始まった。「どこまで逸脱していいのかを調べた」
自分近い立場の人に、丁寧に複数に聞いた。
先生(上司)みたいな人に聞くと「いわゆる正解やルール」が返ってくるので。
今なら、そういうローカルルールが分からないこと(配慮を求めているので、正直なところを教えてほしいと)を伝えているので、今はオープンで働いているので、今は調査はしなくても良くなって、上司とかに聞けるようになった
ただ逸脱している人が横にいる場面では上司には聞かないようにしている。上司も答えにくいので。
例えば、カッターシャツを着ているルールの所で、隣の人がTシャツを着ている人がいたら
「隣の人(Tシャツさん)がいない時」に聞くようにしている。どうしてもの時(急ぎなど必要がある時)は小声で聞くようにしている
Tシャツさんを悪くいうためにやっていない。嫌な気分にお互いにならないようにやっている。そういう行動原理をしている

□若いときはわざとやっていたようなところもあった。悪気ない感じでコミュニケーションを取っていて当てつけになっていたことに気が付けていなかった。

○自分が監督者ではない、気にはなるけど、完ぺきではないけど、勝手に風紀委員にならないようにしている。もちろん気にはなっている。ストレスケア的なところは、この部署ではOKなんだな、隣は○○だけど、うちは△△と。
あいまいな上司の場合は
上司の人に「自分はどうしたらいいか(自分でもルールをも守ってない人に言ってもいいか)を聞くようにしている」ネクタイを外すタイミングなども上司に確認したりしていた。なるべく自分がどうするか「Iメッセージを大切にしている」

またこういった企画なども継続できればと思っています
気になる点などがあればお知らせください。






本日の午前は利用者さん計画のもと、王子動物園へ向かいました♪
無事に雨もあがりいい天候での実施です。(風はビュービューでしたが,,,(´;ω;`))

皆さん楽しそうに園内をまわり、昼食の際も楽しく会話しながら食事されていました🍙
また、今回はOBOGの方も参加可でしたので、人数もいい感じで集まりましたね♪
やはり日頃訓練やお仕事があるので、今日のような気分転換はいいコーピングになりますね!
オオアリクイも可愛かったですし,,,笑

ただ、スタッフ的にはキリンが桜の葉を食べているのに衝撃でした,,,。
ということで!笑
今後も不定期でOBOG参加型のレクを実施いたしますので、よければご参加ください♪

そして、レク終了後は”OB体験談”。
現在医療関係の事務補助に従事されている方(OB)の発表でした。
就職するまでの流れ、それまでのしんどさ、就職後の楽しさやつらいことなどをお話され、
質疑応答では参加者の方々の気になる点を一問一答形式でお答えいただきました。
今回発表された方もアンカーを利用中はつらいことやしんどいこともありましたが、
無事に3年以上勤務されており、その経験談は参加者の皆さんにとって良い刺激になったと思います。

やはり、リアルに勤務されている方の経験やお話は非常にタメになりますね♪
                                                                                                                OBOG体験談も不定期で開催しますので、オンラインオフラインどちらでもOKなので
ご参加いただければと思います♪

最後に、本日のレク&体験談の様子をご覧いただきたいと思います♪
では、また次回!(´ー`)

※掲載の写真については、了承済のものを掲載しております。

S__29048873
S__29048875
S__29048878

画像1


この度、4/8(土) 14時からアンカー卒業生による体験談発表を開催することとなりました。

実際に働いている中での楽しさやしんどさ、またアンカーでやっておいてよかったことややっておけばよかったことなど、リアルな部分を発表いただきます。
参加制限は特にありませんので、アンカーを利用していない方なども遠慮なくご参加ください。

なお、体験談発表の様子はZOOMにてお繋ぎしますのでアンカーには行けないけどオンラインでなら参加したいなという方はぜひ下記のメールアドレスからご連絡いただければと思います。

発表後は質疑応答の時間も設けておりますので、ぜひ気になる点があればご質問ください♪
では、皆様のご参加をお待ちしております!

TEL : 078-381-8884
MAIL : anchorbaywing@gmail.com 

↑このページのトップヘ