アンカー神戸三宮ブログ

障がい者就労移行支援施設アンカー神戸三宮のブログです。 授業内容等、活動内容を随時アップさせて頂きます。

タグ:特例子会社

急に秋めいてきましたが
みなさま、風邪など引かれていませんか?
季節の変わり目なのでご注意ください

先日、面接対策のカリキュラムを行っています
障がい者雇用の企業担当の方にもzoomで入ってもらい、
色々と話を伺っています

障がい者求人には
・事務職
・製造職
・清掃
などの仕事が比較的多く、清掃の仕事を避ける方も多いが
仕事の導入の部分で初めて、変わっていく方もいるので
毛嫌いせずに取り組んでほしいこと

どのような人が求められる求人なのか?

ものすごくわかりやすい例題でお答えいただきました
「例えば父の日にプレゼントをするイメージで」

父親に喜んでもらうには、普段から欲しいと思っている物を考えたり
聞いてみたりする方が喜ばれる。
自分があげたいものをあげるのも方法ですが
調べてくれたのかな?手を尽くしてくれたのかな?
ということの方が相手は喜んでくれるのかもしれません
そのためには相手の様子に合わせて色々な種類のプレゼントを準備できるといいかも

この父親を会社に例えると分かりやすく
自分のできる事だけのアピールではなく
相手の会社の事を調べて、求められるものを考えて
それを伝えていけるようにできる事を
広げていくことが有効なんじゃないかと

自分自身の得意を伸ばしたり
苦手なことを少しやっつけていく中で
自分に合った求人が探し、応募して勤めていく

その中でしんどい事やうまく言った経験があれば
長く勤められるのかもしれません

また、色々な方に入ってもらいつつ
カリキュラムでの吸収できるところを増やしていければと思っています





早くも3月が終わろうとしていますね
季節の変わり目なので体調などを崩されないようにしてください

昨日は以前からお世話になっている事業所さんに見学に伺いました

P_20200327_142135


社内での郵便物の管理であったり、パンの製造、オリジナルの製品の制作であったり
ということに取り組まれていました。

手先を使う仕事であっても器用さが採用の条件でない事
軽作業が主でも体力もそれほど重要でない事を伺えました。

P_20200327_142643


チームで仕事をするということが大切で、実際に職場の実習などをしていきつつ
採用をしている事、能力や特性によっていい意味での別の選択肢があることなど
を伺えた次第です


実際に働くスタッフにさんに現状を聞いたりすることもできました。


今の情勢のため、多くの人数で職場の見学に行ったりすることは難しいかもしれません
ですが小規模で予防的な準備ができれば応募したりできるところもあるように思います


こういった時期に自分自身のスキルを伸ばしておく、苦手なことに挑戦する
得意な事をさらに伸ばす。そういったことに力を入れてもいいのかもしれません。





6月も後半になっていますが、まだまだ梅雨にならない日が続いていますが
体調等を崩されていませんか?

P_20190625_111947


今日は障害者雇用を積極的に行っている企業の担当者さんから話を聞く機会がありました。

神戸でも比較的大きな事業所さんでアンカーからも近いところにあり、
お電話すると快く、訪問してくれました。

働く中で大切なことは

・決められたルールを守る
⇒手順や時間を守って仕事をする

・元気に出勤する
⇒自分の体調管理をして調子が悪い時に報告ができる

・コミュニケション能力を高める
⇒挨拶がきちんと言える「おはよう」「お疲れ様」が言える

・我慢ができる
⇒ゲームやスマホが気になる場面でも目の前のことに集中できるか

・会社は学校ではない
⇒できないことをフォローはするが、朝自分で起きる事、生活リズムを付けることはしてほしい


それ以外の求人の情報や気になることの質疑応答が続きました。

色々な情報から次の就職のヒントが見えてくるのかもしれませんね

仕事がうまく決まる。うまく続くを応援している人は会社にもたくさんいるのかもしれませんね


カリキュラムの中身などが、気になる方は見学にお越しください。
078-381-8884 アンカー神戸三宮 まで



めっきり春になってきましたね。
桜も咲き、お花見をされた方も多いのではないでしょうか?

4/13(土)のお昼からアンカーでは就職されたOBの方が来てくれました。
5~6名の少人数による座談会となりました

pencil_sketch_1555126281462


現在、特例子会社で働く方による「就職の本音」という形で少し話をしてもらいました。
進行役も20代の男性にお任せして

自分自身の就職活動や自分のクセについての気づき
対策などもお伺いした所で就職した今の会社での採用から現在について聞くことができました。


・採用の流れ
⇒実習~面接~雇用(人によってはトライアル雇用というお試しの雇用もある)

・今の会社に採用された自分が思う理由
⇒実習の担当者にいいイメージを持ってもらった。

・実習や就職された方を通じて続かない人のパターン
⇒「これだけしかやりません」と業務を限定してしまう方はうちの会社では採用されない。苦手だけれど取り組む姿勢が大切(会社によっては、限定しての取り組みをOKとしている会社もある)
⇒トラブルを起こしてしまうタイプ


その後、質疑応答やこれから実習に向かうメンバーとの交流になった一日でした。


生きた情報を知ることで就職への安心感が高まるのかもしれません。
自分の苦労が誰かのアシストになることは回復への近道かもしれませんね。





↑このページのトップヘ