アンカー神戸三宮ブログ

障がい者就労移行支援施設アンカー神戸三宮のブログです。 授業内容等、活動内容を随時アップさせて頂きます。

タグ:障がい者就労

今回の参加はオンライン5名、リアル参加12名の参加でした

音声データです(参加者の方からも承認を得ています。)
前半

https://stand.fm/episodes/656bbf2bbc082a02dc4fdff6

後半

https://stand.fm/episodes/656bbfcebc082a02dc4fe00b

今回はグループワーク形式で気になることを話してもらい
会場の皆さんからのコメントをいただく形で進めています。

・統合失調症で頑張れない。頑張れない自分に罪悪感出たり、周りもいずれ治るのではないかと思って(期待して)いるようで、そのあたりの事がうまく説明ができない。人に頼ることも下手なところもある。システムエンジニアをやっているがこのままで良いのか、どこまで頑張ったらいいのかわからない。
→1日4時間の勤務をしているが、自分の中で無理にならないところでやっている。離転職をしながら色々試行錯誤をした。そのなかで折り合いがうまくつけられるようになった。
→やっていく中で自分も周りもそれほどやっていないことに気が付いた。やりすぎることで自分がつぶれてしまうので、自分の丁度いいが分かったのは、5年くらいかかったのかもしれない。
→休職を繰り返す中で、同じようなことを繰り返すとしんどくなるので、週3日くらいで勤務して、現場でやっていくよりアドバイザー的な役割をやっている。頼られることや「ありがとう」と言ってもらえるのはうれしいが、(無理しすぎると)段々負荷になるので、葛藤しながらだんだん今のような働き方に落ち着いてきた。バンバン電話が掛かってきても電話には出ない形でやっている。さみしい気持ちもあるが、休職は3回したがその中で自分の働き方に気づけたのかもしれない。
→会社以外でのかかわりがあるけど、ストイックなところや意欲的に自分で頑張ろうという姿勢が成果を出す出さないに関わらず好きになっている人が多いのかもしれない。


・障がい者雇用という形で600人規模の会社で勤務しているが、店舗での勤務するとうまく特性の細かなところに気が付いてもらえない。自分の調子が悪くなる手前の段階では理解してもらえない。ADHD的なところもあり言語理解が高いところもあるので頑張ればできるようなニュアンスで取られやすいが空間の理解がやや弱く、賞味期限を見ながらの作業や品出しの作業でのカッターで商品を傷つけてしまうこの辺りの事が伝わらない
→これでいいというお店やリーダーの基準は変わりやすい。大事なポイントは変わるが大きな影響が出る所は伝えてみて、そうでないところは伝えなくてもいいのかも
→自分自身も発達障害的な特性があり支援者的な事をしているが、サポートしている方が、ある会社で丁寧で高評価を得たが、同じようなことをしている2社目では時間がかかるということでそれほど評価が良くなかった。店長の異動や働く人が同じでも求められることは変わってくるのでもしかするとその時の状況に合わせて取り組むくらいでもいいのかも
→評価する人が少し極端なつけ方をしても、評価する人を周りの人も評価しているので、評価する人も異動するし、極端に悪い評価をつける人だということも周りの人もしっている場合も多いかもしれないのでい意味で自分の評価は平均化されるかも


・統合失調症の治療を20年以上やっているが、働いたこともほとんどない。B型や地活の利用などもしてきたが、かえって悪くなってしまっている。自分が働くだけでなく、エネルギーが出る方法や今後の取り組みについて教えてほしい
→元々統合失調症と診断されて発達障害や気分障害など色々と病名が変わった。就労できればいいと自分では思っているが、そうでなくてもOKで、病気と付き合うのが難しく、朝起きられないとか疲れが取れないとかのところが大きいところがある。バスや溶接の資格を取ったが、手先が不器用でうまく行かず、福祉の仕事は少し続いたが、上司次第の所もあって綱渡り的な感覚だった。ディケアやアンカーみたいなところも有効かもしれない。同じ時間に通うみたいなところが大切だけど特性的なところもあるので、(特性的に難しければ)在宅での仕事とかも含めて自分にあった方法を考えてもいいのかもしれない
→仕事の評価基準はバラバラだけど、できれば一つの所で長く働くとある日突然チャンスもあるので
続けてやっていけば見えてくるものもあるかもしれない
→統合失調感情障害という診断を受けて、働いてみたけど長く続かず、その後も6年くらい引きこもった。自分の生きていく中で「働かないといけない」という刷り込み的なところもあってしんどかった。自助グループに行くようになって色々な考え方が見えてきた。自分の生き方や働き方も選べるので、自分が通った地域活動支援センターは食事作りをしても、しなくてもいい感じだったので良かった。話してもいいし、話せなくてもいいのかもしれない。やっていく中で少しずつできることが増えてきた感覚がある。
→自分自身は退職後、何をしていいか決まっていないと落ち着かないので、やることが決まっているボランティアなんかも有効だった。犬の散歩みたいな楽しそうな事なんかもあった。自分も引きこもっていた経験があるのでわかる。楽しそうなことをやってみるのは有効かもしれない。あんまり取り組む日を増やしすぎない(週1日くらいにしておく感覚)
→仕事や家族のサポートなんかもやっているが、疲れやすいので自分でバランスを取るようにやっている
→色々な話を聞かせてもらったが、自分がいること自体が命のバトンをつないできたので、「自分には価値がある」と存在に価値を持って生きてみることも大切なのではないか。


・仕事に向けての訓練をして内定をもらっているが、次の事が決まったのはうれしいがやっていけるのはうれしいが、リラックスする場所とか方法とかを知りたい
→サウナが良い。副交感神経が優位になるので良く寝れる。精神的にしんどいとき効く感覚もある。銭湯もおススメで熱めのお風呂やぬるめのお風呂でもすごくリラックスできる
→自助グループなど(cotcotや神戸当事者研究会)がおすすめ
→どうしても色々考えすぎるところもあるので、散歩が有効かなと。スポーツ観戦なんかもいいかと。帰る時の空を眺めるとか、周りの状況を見るようにしているかも。身近な鳥などを眺めるとかカモなども来ているので、マンションの敷地内でもヤマボウシとかも咲いていてその実もなって。なんかいいなと。
→帰りの電車で少しおなかを満たして寝る。松田聖子を聞いて寝るとか、考えごとで嫌な状態で寝ないようにしている
→登山やウクレレをやっている。毎日ではないけどその時は何も考えないのでいいかと。インスタで猫の動画とかきれいなものを見るみたいなことは有効
→家族や猫とスキンシップをするとか、アロマとか
→お金もかかるし、撮影の帰省とかもあるけどカメラがものすごく楽しい
→筋トレして何も考えられなくなるまで取り組むのが良いかも
→喫茶店でその店にあう本を持って行って長く過ごす。気が付くと8時間くらいいる時もある
→ストレス発散の方法を色々と試す


〇話の中で出てきた居心地の良い社会資源など


cotcot
元々喫茶店だったところに訪問看護ステーションが事務所として入っている
そこのスタッフが中心になって地域の居場所的なカフェになっている
第4週の日曜、10:00~15:00 参加費200円でお茶やお菓子なども出てくる
toctoc

https://toctockobe.jimdofree.com/

神戸当事者研究会
神戸駅付近の貸会場などで開催、兵庫ボランタリープラザなど
終了後にファミレスや飲みに行ったりということもしばしば
主催者が気さくな人で参加しやすい
第2,4週の土曜 13:00~15:00くらい

https://www.hyogo-vplaza.jp/c2/profile.html/uid/46617/




今回も準備を手伝ってくださった皆さん
参加してくださった皆さん
検討していただいた皆さん、ありがとうございます

また2~3か月に一度くらいのペースで開催できればと思っています
又気になる点や面白い働き方、病気や障がいとのうまい付き合い方などで
話し手も良い方がいればお知らせください

又気になることなどがあれば
お知らせください

就労者の集い 薩川 勝
syuurousyanotudoi@gmail.com




報告が遅れてしまい申し訳ありません。

先週の土曜は就労者の集いでした。
直接参加、オンラインを合わせて15名の参加でした。

現在勤務中の方、求職活動中の方など様々な方の参加があったように思います。

○ 今働いているがサポーター的な人がいない。周りの人は支援者的な人もいて
能力も高い。自分もステップアップしたいがどうすればよいか?
⇒丁度、開催している会場の隣の部屋で「神戸当事者研究会」という集まりがあること
しごとサポートであったり、障害者職業センターなどがあることなどもあがりました

○ 発達障害があり、なかなか体調のコントロールができない
⇒朝活をするとバランスが取れるところがある。外に行くのもいい。調子の悪さを早めに言う。電車で寝る。「これは悪いときだ」と認知だけする(コントロールしない)

○障害の理解が周りにない
⇒自分自身の障害がよく知られたものであっても、自分たちの特性についてはあまり深く知ってもらえず、統合失調症系の病気であれば、「妄想があるんでしょ?」「幻覚があるんでしょ?」という感じでネットや知っていることをあてはめがちになり、しんどくなったり、がっかりする
⇒身体系の事後障害のある方からも、自分自身の障害も全然知らなかった。自分がなってみてわかったこともある。病気などと戦ったりするのではなくうまく付き合ったり周りの人ともうまくやることも大切なのではないかと。

○IT系のお仕事の適性について
⇒発達障害などの人はpcなどを使って取り組める仕事が向いているのではないか?
⇒現場の声としては、プログラマーは一人でコツコツとできる人が向いている。発達障害でとの相性がいい人もいる。SE(システムエンジニア)は人とコミュニケーションをとりながら進めていくことのほうがある意味メインの仕事になるので、対人が苦手な発達障害の人にはしんどいだけかもしれない。

○実習の有効性
職場の体験などは比較的有効で、職種も色々変えて取り組んで就職した。イメージがついてよかった
職場で使っているソフトについて知ることができた
求めているスピードで実際に取り組めるか、職場内の人の空気感(人に聞きやすいか)が分かる
⇒実習やインターンなどを経験した人からはほぼ有効という意見あり



最後に参加者の皆さんの一緒に働けるならどんな人がいいかのイメージを聞いています


・しんどそうに(居眠りしかけている)とすぐ怒ったり(注意したり)するのではなく、
『体調が悪いの?』と聞いてくれる。
・何か問題があった時に対処法を一緒に考えてくれる。
・以前辞めたことなどの理由を話しやすい。苦手な仕事を伝えやすい
・親しみやすい人、積極的に話しかけてくれる人
・親しみやすいのは大切。仕事もやりつつ、休憩時間に冗談言える感じ
・アイデアを出すのが得意だけど、抜け漏れが多いのでそのあたりをフォローをしてくれる感じ。
・自分は人に関心を持たないところもあるが、上司は自分に関心をもってもらえると助かる。仕事だけじゃなくて、体調とかも含めて。弱さの共有など
・一人一人をちゃんと見てくれる。辞めてからも特性を理解していきたいと言ってくれる人
・自分の能力を最大限引き出してくれる人。簡単な仕事ばかりでなく仕事を任せてくれる
・(仕事の質問など)聞いたことをそのまま、答えてくれる人、全然違うことを言わず。感情を絡めて言ってこない。
・辞めてからも関われる空気管がある、話しやすい人。やるときはしっかりやる。メリハリをつけて取り組める。
・(大きな会社にいるのでどうしても)自分の保身だけに走る。たくさんの人がいると自分が悪くないと利己的になる環境はしんどいので、そうではなく全体のことも考えて取り組んでくれる人
・自分のためだけにやっていない人は信頼される。やってて気持ちいい。作り上げていく
・(大人数の所で働いているので、)自分だけ早く帰りたいとか、自分だけ楽をしたいという感じの所がある。ちょっと発達障害なんでと言いたくなる。だまって逃げてしまうところもあるが、その空気感も読んでくれる人。
・(苦手な仕事、嫌な相手などから)逃げないことも大事かもしれない。助けようがなくなる(周りの人も助ける気がなくなる)限界まであがいてみるのも方法
・(デザイン系の仕事をしているので)どういう理由で修正をするなど理由をきちんと言ってくれる人がいい。リーダー職をするかもなので、客観的に〇〇だから△△と言ってくれる人


今年最後の取り組みで色々な声も挙がりました。
今回も準備をお手伝いいただいた皆様、参加や検討してくださった皆様

本当にありがとうございます。また次回は2~3か月後くらいのイメージで検討できればと思っています。


就労移行支援事業所を利用し、就職された方に、実際に働いてみてどうか。

やっておいてよかったこと、もっとやっておいた方が良かったこと等、実際に働いてみて気がついた点について、まったり話を伺おうかと思っています
体験談 4.6.25



日時 2022年6月25日(土)11:50~12:30
場所 アンカー神戸三宮(神戸市中央区江戸町85-1 ベイ・ウイング神戸ビル202号)+オンライン(Zoom使用)

実際に話を聞いてみたい方、気になる方はご連絡ください
アンカー神戸三宮 078-381-8884まで(担当 大谷まで、担当者不在の際は他のスタッフでもOKです)

リモートでの参加希望の方もご連絡をいただければ、zoomのIDやパスワードをお知らせします







気が付くともう6月に入っていますね
皆様、お元気されていますか?

4.6.25 就労者の集い チラシ



・就労しているからこそ、相談できる場面が減った。ほかの人たちがどうしているか知りたい
・就労の準備をやっているけど、どうすれば働けるのかなかなかイメージが付かない
・仕事の応援をしているけど、この方法であっているのかどうかわからない
・就労移行等の卒業生で近況報告的にまた集まりたい

みんなで気軽に話し合いませんか?
気分や体調のこともあるので急な参加やドタキャンもOKです

今回はハイブリッド開催です。オンラインの参加の方は、好きなんタイミングでご参加いただき、途中で抜けることも可能です。直接参加の方は連絡をいただけると助かります

日時 :6月24日(金) 18:00~20:00(今回は金曜の夜の開催になっています)
場所 :KIITO神戸 3F セミナー室+オンライン開催(事前に無料ソフトskypeをダウンロードしていただけると助かります)
参加費:無料
内容 :働くことやその継続などのついてのグループワークなど



※所属や就労の有無は問いません。
申し込み・問い合わせ先:就労者の集い syuurousyanotudoi@gmail.comまで


※感染状況にもよりますが、セミナー室での直接参加+オンラインのハイブリッドにて考えています
直接来所の方は、ご連絡いただけると助かります。(会場や取り組みは急遽変わる可能性があります。変更時はこのブログやHP等でご連絡させてもらいます。現在調整中です)

3/26(土) 10:30~12:30くらいの感じで
Twitterのスペース にて、障がい者就労などのついてのグループワークができればと思っています
あくまでお試し的に進めていければと思っています

https://twitter.com/i/spaces/1BdGYwvNgbAxX/peek

今、働いている方
準備中の方
支援者的なことをやっている方
気になる方が質問して、経験のある方などが返答する
スタンスで進めていければと考えています。

体調の管理や休みの過ごし方など、気軽な感じで
話していませんか?

Twitterのアカウントがなくても聞ける方法もあるようです

https://supportingebhv.org/twitter-4-2877/

↑このページのトップヘ