アンカー神戸三宮ブログ

障がい者就労移行支援施設アンカー神戸三宮のブログです。 授業内容等、活動内容を随時アップさせて頂きます。

タグ:障がい者雇用

昨日は就労者の集いでした。

今回は普段より少なめの7名の参加があり、色々なことが話せたように思います

・障がい者採用で経済的に自立するのが難しい
・自分自身で将来的には起業したい
・応募などの人数が増えると採用の枠が取り合いになってこまる
・(就職や転職活動がうまく行かず)メンタルが下がってきている
・ディケアからの就職活動は?

という声が挙がりました。

障がい者採用での自立は、住む場所を選べば可能であること(家賃の安い北区や西区など)公営住宅の選択肢に入れる事、以前に比べて最低賃金がベースという仕事ばかりではなくなりつつあるので可能ではないかと。


起業の部分では自分自身の強みがハッキリしないので自信は持てないが、海外で過ごした経験がある。話すことや事務処理が得意と言った一面を伸ばすことができればできるのではないか?それぞれ能力の違う人たちと連携しあうことでそういったことも可能ではないかといったことも。


採用については、少しずつだが戻ってきている印象でコロナ等で雇い控えされている会社も少しずつ採用に力を入れていくのではないかと。実際にアンカーでも他の就労移行でも就職された方が少しずつ出てきたことなども振り返っています

メンタルや働き方については、難しく自分の中ではステップアップで働きたいと思ってもやってみないと分からない。転職等にチャレンジしてみてうまく行かなかった。やってから気づくこともあった。
通勤が大変でやりがいを求めて進んでいくと片道2時間以上の通勤になる。かといって一人暮らしするには経済的にきついという声もありました

ディケアについては、多種多様でちょうど行きたいと思っていたディケアに行っていたからとこの集いの中でもコメントがあり。経験値の高いスタッフが進行している。オープンダイアログの考え方も実施しているなど、居場所と言われているディケアも役割や特化したところもある。


こんな形の情報交換をすることができました。

少し印象的だったのがそれぞれ障害を抱えたご夫婦が参加されていて
旦那さんは新しい仕事の挑戦、奥さんは事務でフルタイムで働いていました
元々やっていた仕事と業種が変わる旦那さんを奥さんが支え、500人程度の健康診断の
調整をして帰りが22時以降になることも多い奥さんを旦那さんが支えるという感じで
一人だとしんどいけど、精神的にも経済的にも二人で住むことで安定していると
感じました。

働くことだけでなく、誰と暮らすか、将来的にどうしたいかということを伺えたように思います



夕方からはオンライン飲み会に移行して、昼の部に参加出来なかった方の参加も有
ワイワイと盛り上がりました。

元々の仕事をやめて転居に近い挑戦をしてみる
恋愛も含めて新しいことに取り組んでみる
人間関係は苦手なところがあるがいろいろやってみたいなど

また色々と話す中でそれぞれの方が考え方や取り組みのゴールが見えてくるといいですね

また数か月に一度色々な話ができたらと思っています
こんな話をしてみたい。行けないけどこういうことを聞いてみたいといったことでも
構いません。気になることがある方はまたご連絡をください



14:30~ 2時間程度、zoomと会場参加で進めさせていただければと思っています

直接、会場参加の方と、自宅等から参加の方をzoomで結び、気になっていることや困っていることなどをみんなで話しながら解決していければと思っています。
※急な参加や急なお休みなどもOKです。(オンラインは顔出し必須ではありません。聞くだけの参加ももちろんOKです)


会場(直接参加の方はこちらにお越しください)アンカー神戸三宮は会場ではありません

協働と参画のプラットフォーム
https://platform.city.kobe.lg.jp/


会場内のwifi等の状況にもよりご不便をおかけするところもあるかと思いますが
宜しくお願いします






急に寒くなってきましたが、体調などを崩されていませんか?
今年は通常の年末と違うところの戸惑いもある方も
少なくないかもしれません

アンカーのご様子の一部です。
イラストや飾りつけが進んできています。

IMG_20201221_113543_1


IMG_20201221_113601_8



☆クリスマス会

アンカーでは12月26日(土)にクリスマス会を実施することとなりました。

IMG_20201221_113641_5


IMG_20201221_113657_5



IMG_20201221_113721_4

12月26日(土) 9:30~12:30 (内容や取り組みは変更の場合有)

・ビンゴ全員⇒お菓子の配布など
・茶話会~ワードウルフ
・箱の中身は何でしょう??


普段とは少しずつアンカーも様子も変わって来ています。
通所は10名までで限定させていただき
マスク等の着用やアルコールの消毒を徹底していただいて進めていければと
思っています。
⇒OBの方で参加したい方はzoomでつながせていただければと思っていますので
ご希望の方は、アンカーのGmail等にご連絡いただければ助かります
在宅の利用や調整などもあるので、極力電話ではなくメールでの問い合わせや申し込みをお願いします

※ 新型コロナウィルスの状況等により、通所の中止などの可能性があるので、その際は
このブログ等で案内させていただきます。



☆個別相談
アンカーの通所の方、OBの方、検討されているなど
オンラインのzoom等を使い、就職や転職、特性の分析など
を進めていければと思っています。
色々なことを来年に持ち越したくないというかたは良ければ
お知らせください

12月26日(土)9:30~12:30
おひとり、40分程度の相談にさせていただき、
状況等により、継続的な相談や調整
他機関や自助グループ等の案内などもさせていただければと
思っています。

※相談はしたいけど、日時やオンラインは苦手という方は
可能な範囲で調整も検討しますのでお知らせください

※クリスマス会、オンライン相談の問い合わせ先

syuurousyanotudoi@gmail.com







昨日は就労者の集いのオンラインでした

参加者は15名程度の方が参加して頂きました
今の現状についてそれぞれ話してもらい
困っていることについても伺ってみました

○発達の特性があるので就職できるのか不安
求人を見ても身体障害の方の求人が多くどうしようと思う
⇒少しずつ精神や発達の障害のある方の求人が増えてきた
⇒SPIの試験などもやっている会社もあるがそのスコアというより特性を見ているのではないか結果はよくなかったが合格になったことがあった
⇒苦手で絶対にできないことと、苦手ででも取り組んでできそうなことに分けてできそうなことを少し頑張って取り組むとできる時があったり、自分が自信が持てなくてできないと思い込んでいる時もあるのではないかという経験談があったり。リアルな声も挙がったように思います


○障がい者雇用で一人暮らしができるか
⇒参加の方は年収ベースで200万円を超える方も半数程度、400万円を超える方もいらっしゃいました
働き方は変化してきており、短時間で体調を見ながらという方と責任などはあるがしっかり収入がある方などもいらっしゃったように思います

○感情のコントロール
特性的なことも有り、感情がコントロールしづらい時がある。悲しいいイライラだけでなく感情が揺れると体調にも変化がある
⇒怒りの方は6秒待ってから対応する。親しい人に言う。言い返すのが苦手で後でためこんでしまい
何で言い返せなかったんだろうと考えてしまう
⇒年のせいか、若い頃は負けん気が強かったけど最近は「仕方ないか」と思えるようになった
⇒3食食べて寝る。いい意味で味方を作る。「何に対して怒っているのかを伝える」このことで共感してもらえたり、自分の感覚が違ったりが他の相手からフィードバックを受けると納得できる。
⇒自転車通勤になって、運動することで少し発散になった。

参加されている方の年齢や所属もバラバラで
いいいみで色々な視点があったように思います。
オンラインということで話し切れなかった感じも少しあったかもしれません
少し早いタイミングでまた集まりを計画できればと考えています

終了後はオンライン飲み会になり
話し切れなかったことをワイワイと話す場となりました
形を変えてもいい形で交流できる

交流会という形以外の情報交換できる方法なども
模索できればとも考えています

またよければご参加ください

準備を手伝ってくださった皆さん
当日の発信場所でフォローしてくださった皆さん
参加者・協力者の皆さん
本当にありがとうございます





①年代
⇒40代男性

②病名・障害名(または症状や困ったこと)
双極性障害

③これからの仕事について(オープンかクローズか、フルタイムかどうか)
⇒オープン 8:15~17:00 近郊のスポーツセンター勤務予定

④アンカー在籍期間
⇒2年1ヵ月

⑤アンカーを利用して良かった点
何に対しても柔軟に対応してくれるところが助かりました。

⑥就労までに苦労した点
就職活動が苦労しました。10社以上面接と書類を作成して望んだあたりが大変でした

⑦これから利用をされる方のメッセージ
明るい個性のあるメンバーが集まっていて、またスタッフが何に対しても柔軟に対応してくれるので利用しやすい環境です。


元々社交的でムードメーカー的なところもある方で
新型コロナ等がなければもう少し早く就労も決まっていたのかもしれません
今回の採用も「スポーツすることが好き」というところも
合格になった要因の一つです。
自分の得意な事をふくめてアピールすることができれば自己実現につながるのかもしれませんね

急に秋めいてきましたが
みなさま、風邪など引かれていませんか?
季節の変わり目なのでご注意ください

先日、面接対策のカリキュラムを行っています
障がい者雇用の企業担当の方にもzoomで入ってもらい、
色々と話を伺っています

障がい者求人には
・事務職
・製造職
・清掃
などの仕事が比較的多く、清掃の仕事を避ける方も多いが
仕事の導入の部分で初めて、変わっていく方もいるので
毛嫌いせずに取り組んでほしいこと

どのような人が求められる求人なのか?

ものすごくわかりやすい例題でお答えいただきました
「例えば父の日にプレゼントをするイメージで」

父親に喜んでもらうには、普段から欲しいと思っている物を考えたり
聞いてみたりする方が喜ばれる。
自分があげたいものをあげるのも方法ですが
調べてくれたのかな?手を尽くしてくれたのかな?
ということの方が相手は喜んでくれるのかもしれません
そのためには相手の様子に合わせて色々な種類のプレゼントを準備できるといいかも

この父親を会社に例えると分かりやすく
自分のできる事だけのアピールではなく
相手の会社の事を調べて、求められるものを考えて
それを伝えていけるようにできる事を
広げていくことが有効なんじゃないかと

自分自身の得意を伸ばしたり
苦手なことを少しやっつけていく中で
自分に合った求人が探し、応募して勤めていく

その中でしんどい事やうまく言った経験があれば
長く勤められるのかもしれません

また、色々な方に入ってもらいつつ
カリキュラムでの吸収できるところを増やしていければと思っています





↑このページのトップヘ